商品をお店で買いたいけど、どこで売っていますか?
全国主要都市の百貨店、量販店、喫煙具専門店などで取り扱っています。商品によっては店頭にあるものとないものがございます。また、品切れの場合もありますので、事前に商品の有無を確認することをお勧めします。
使用するガスはどのメーカーのものでもよいのですか?
市販されているライター用ガスボンベであればご使用は可能です。ただし、ボンベ先端のノズルの形状が当社の製品に合わない場合もございます。取扱説明書に記載されている高純度純正ガスリフィールのご使用をお勧めします。
燃料ガスの注入方法を教えて下さい。
ライターを逆さまにして片手でしっかりと固定して下さい。 ガスレフィール(ボンベ)をしっかりと握り、ライターのガス注入口にレフィール先端のノズルが垂直に接するように当てて下さい。 そのままレフィールを2〜3秒間強く押しつける操作を2〜3回繰り返し行いますと燃料ガスの注入が完了いたします。
※燃料ガス注入中にレフィールのノズルとライターの接合部から少量のガスが洩れ出る場合がございますが問題ありません。
※ライターの燃料には可燃性の高圧ガスが使用されておりますので、火気の近くや換気の悪い場所(車内等)では燃料ガスの注入は絶対に行わないで下さい。
※燃料ガスを注入した後、製品や衣服、手等に付着した液化燃料ガスを拭き、乾かすか、2〜3分放置してから着火させて下さい。
※燃料ガスを注入した後、炎調整ネジの位置を「−」方向に戻してから着火させ徐々に「+」方向に戻し適切な炎長に調整して下さい。
ガスを注入したら着火しなくなりました。
ガス注入直後は、ライター自体が液体ガスの気化熱によって急激に冷やされます。ライターを手などで常温まで暖めてから、着火してください。
ガスを注入したら、ガスが溢れ出てきました。
商品によって、燃料タンクが満タンになるとそれ以上ガスが入らないよう、ガスを自動的に溢れさせるオーバーフローという機能が付いているものがあります。ライターを手などで暖めたのち、着火してください。
フリント(発火石)の交換の仕方がわかりません。
交換方法は、それぞれのライターによって異なります。
代表的な例は コチラ になります。
山に登ると着火しないのですが?
山の上では、着火に必要な酸素が不足するため、着火しないことがあります。また、気温が低い場所では、燃料ガスが気化しにくくなるため、着火しないことがあります。
しばらく使っていなかったライターが着火しません。
6ヶ月以上ご使用されなかったライターは、モルトプレンと呼ばれる燃料ガスの供給量を調節する部品が経時変化を起こし、着火に支障をきたす場合があります。そのような場合は当社アフターサービスセンターまでお送りください。
だいぶ前に買ったライターなんだけど、修理できますか?
製造中止から5年間をアフターサービスの対応期間としています。修理の可否は当社アフターサービスセンターにお問い合せてください。また、アンティークライターについては、修理対象外とさせていただきます。
修理代はいくらかかりますか?
保証期間内であれば、無償にて修理いたします。保証期間外の場合は、商品や修理内容によって費用がことなります。詳しくは当社アフターサービスセンターまでお問い合わせください。
オイルライターの芯(ウィツク)を自分で交換したいのですが?
ライターの構造上、お客様ご自身での交換はできません。お手数ではございますが当社アフターサービスセンターまでご送付ください。
但し、構造が簡易な商品などの場合、ご希望が有れば、芯(ウィツク)のみの販売も可能です。 その際は、お客様責任において交換されますようお願い申し上げます。
フリントライターのヤスリの交換を自分でしたいのですが?
ライターの構造上、お客様ご自身での交換はできません。お手数ではございますが当社アフターサービスセンターまでご送付ください。
Copyright WINDMILL CO.,LTD. All Rights Reserved.