ライターお手入れの際の注意事項について
ライターをお手入れされる際に、ベンジン、シンナー、アルコール等の有機溶剤や化学薬品は、ご使用にならないでください。
化学変化でライター表面が変色、変形したり、プラスチック製燃料タンクのライターの場合、化学変化によるタンク部分の劣化が進行すると亀裂が発生し、ガス漏れを起こす場合があります。

フリント(発火石)の交換方法
交換方法は、それぞれのライターによって異なります。
代表的な例は コチラ になります。


「イムコ・シック・フォー・パイプ」ライターでの発火石交換する際の注意点  ※発火石を交換前に必ずお読み下さい。


●イムコ・シックフォー・パイプ発火石交換説明書 (PDFファイル)

PDFファイルの資料をご覧になるにはAdobe社のAdobe Reader(アドビ・リーダー)が必要です。
プラグインをお持ちでない方は下記ボタンよりソフトをダウンロードしてください。

新炎調整機構FFS(フィルムフィルターシステム)とは?
ガスレフィールから注入された高圧ガスをフィルムフィルターで一次的に圧力を制御しソフトになったガスを、さらにモルトプレンで安定させて燃料部に供給することで長期間安定して炎が得られるようになりました。
内燃ライターで連続着火すると、ライター本体が熱くなるのは?
内燃ライターは風の影響を受けないよう、本体内部の燃焼筒でガスを燃焼させています。従って、ライター内部には燃焼時間とともに燃焼熱が蓄積され、熱伝導によってライター本体が熱くなることがあります
内燃ライターでタバコに火を着けるときは火口からどのくらい離せば良いですか?
カタライザー(触媒線)あるいはネット(金網)の上部から2〜3cm程度上の位置が良いと思われます。あまり近づけてカタライザーなどにタバコが触れると、故障の原因になり、あまり離すと、十分な火力が得られません。
ガスライターで、炎が高くなったり、低くなったり、ぶれたり、不安定になる原因は?

ガスタンク内のガスが無くなりかけている場合です。
燃焼機構内部(拡散器、整流板の穴など)にゴミが付着し、詰まりかけている場合もあります。
FLINT
炎調整の表示方法は統一されていますか?
多くのライターは火口部分近くか底部分に調整レバーがあります。(+)へ回すと炎は高くなり、(−)へ回すと炎は低くなります。
ライターの種類(フリントライター、電子ライター、内燃ライター)によって、炎の温度は違いますか?
炎の温度はライターの種類によって異なります。タバコの着火に必要な温度は800℃前後です。フリントライターや電子ライターは火口ノズルから出たガスが空気と混合して燃焼し、その炎の温度は、約800〜1000℃。一方、内燃ライターは燃焼筒内部であらかじめ空気と混合したガスを燃やすため、約1200〜1400℃になります。
内燃ライターの炎の色が違うときがあるのは?
内燃ライターを着火し、その炎が風で吹き消された後、カタライザー(触媒線)の触媒反応で再着火したとき、色が違って見えることがあります。
ライターを落としてしまったあと、着火しにくくなることがありますが、それはなぜですか?
ライターは精密な部品をたくさん使用していること が多く、本来、丁重な扱い方が必要です。落下の衝撃で部品のズレや変形が生じると、着火しにくくなる場合があります。
ガス漏れが起こる原因と、起きてしまったときの注意点は?
ガスタンク、あるいはガス注入口のパッキンの破損が原因です。破損する要因としては、ライターに落下などの衝撃が加わった場合が考えられます。シューと音がするガス漏れが生じている場合には、決し着火させないようにしてください。
純銀、スターリングシルバー、コインシルバーなど、同じ銀でも表示が違うのは?
純度100%のものを純銀と表示します。それ以外は銅などとの合金で、銀が92.5%以上をスターリングシルバー、90%以上をコインシルバーと表示します。
銀製と表示されているライターは、全部銀でできているのですか?
銀製と表示表されているものでも、全部が銀でできているとは限りません。通常は、外装ケースが銀で、タンクなどの部分は別の素材でできています。
銀製品の黒ずみをとる方法は?

柔らかい布で乾拭きしてください。
黒ずみがひどい場合は、市販の銀磨き剤を柔らかい布につけて拭いたあと、乾拭きしてください。
長期保管する場合の注意点は?
フリントライターの場合、フリントを入れたまま長 時間使用せずに放置しておくと、フリントが風化して、ヤスリに付着して固まったり、フリントの風化による膨張で部品が破損したりします。
長期間使用しないで保管する場合には、ライターからガスを抜き、フリントを取り外しておくことが必要です。
【資料提供:社団法人日本喫煙具協会】
Copyright 2005 WINDMILL CO.,LTD. All Rights Reserved.